理屈はわかるけど納得できないもの
ありますよね
(xlacxf) 2008-10-11 16:30:04作成 2014-12-31 00:17:23更新 122投票 30有効票 59気になる 47興味無い 3280参照 はてなブックマークはてなブックマークに追加 Twitterでつぶやく

戻る投票順更新順
7. 『自然エネルギー発電』についてのコメントGoogleYouTube

太陽光も風力もトータルで考えたら採算合わないし、
発電できないときに備えて火力発電や原子力発電が必ずいる点など納得がいかない。

シェールガスなどが潤沢に手に入るようになったら、不足電力は各家庭でガス火力発電するとかならいいんだけれど。
[#1](mtgdbc) 2013-03-08 11:45:17

原子力は出力が変えられないから、自然エネのバックアップにはならんよ。
それに原子力こそトータルで(事故やら廃棄物やらまで)考えたら採算が合わないと思う。
[#2](dhpelt) 2013-03-10 22:16:44

揚水発電は原子力発電にとっての出力調整に当たるってのは屁理屈ですかね?
[#3](gfbrcc) 2013-03-10 22:23:21

#3 原子力以外(それこそ自然エネにも)のバックアップにも使えるから、その理由は通らないのでは。
それにそうだとしたら揚水発電のコストも原子力のコストに含めることになるわけで、ますます不利に。
[#4](dhpelt) 2013-03-10 22:45:05

原子力以外のバックアップ云々ってのはおかしくないか?
揚水を含めた発電を原子力発電と見た場合、出力のある程度の可変になるという話なんだから。
コストに関しては、加算した上で見てその上で、あるいは加算しなくても採算合わないというのは同意。
では今の火力中心の場合、二酸化炭素排出量買取とかも含めれば
採算ラインってどの辺になるんだろうか。
[#5](pemizh) 2013-03-11 00:06:07

ところで、地熱と潮力は?
[#6](klcdfh) 2013-03-11 10:00:19

地熱か……温泉街が町おこしも兼ねて地熱発電を誘致してたな、
と思って検索してみたら、福島にPR館があるんだね。
http://www.tohoku-epco.co.jp/pr/yanaizu/index.html
[#7](eglydm) 2013-03-11 10:11:56

地熱やると温泉出なくなるからあっちいけ、という展開をちょいちょいテレビで見る。
逆に温泉組合とうまくいってる報道を見たことがない。
[#8](vxcnvh) 2013-03-11 10:54:09

#8 こないだ、特集で、九州のほうでうまくやってるってのがやってた。
自分ところの温泉よりも、やたら豊富な発電所からのお湯もらうの。
適度に温度下がってて、温度調整施設もほぼ無しで済むとかも言ってたような…

由緒ある温泉街では、これは納得いかんだろうなーとも思ったが。
[#9](klcdfh) 2013-03-11 12:17:30

>コストに関しては、加算した上で見てその上で、あるいは加算しなくても採算合わないというのは同意。
現行の原子力発電と処分施設の運営って、どの程度税金投入されてるものなのかね?
[#10](pohbzr) 2013-03-11 14:15:46

#10
さすがに、数百億の単位らしいですね。リンク先は福島民友ニュース。
http://www.minyu-net.com/news/news/0130/news9.html

>政府は2013年度予算案に東京電力福島第1原発1~4号機の
 廃炉に向けた研究開発費用として総額146億8000万円を盛り込んだ。
 すでに12年度補正予算案では、県内に廃炉技術や放射性物質などの
 国際研究拠点を整備するため850億円を計上している。
[#11](eglydm) 2013-03-11 14:32:17

#11
#2もそうだけれど運営コストとしてのトータル弾くのに事故処理費用含めちゃダメでしょう。気持ち的にはわかるけど。

そうじゃなくて、発電所運営と使用済み核燃料処分施設の運営費用に対して、利用者からの使用料金ではまかなえてない金額ってどんなもんかなっていう。
細かく言えば建設~運営~通常の廃炉費用までに対して、原発用として利用者から徴収した金額の割合とか分かればいいんだろうけれど、そんなのわからないしね。

あと引用してもらった費用は「研究費用」だけみたいね。
通常の廃炉費用でこれだし、さらに数千億で済めばいいなぁってレベルだね。
http://www.ne.jp/asahi/ma/ru/energy/hairo.html
[#12](pohbzr) 2013-03-11 14:50:40

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013031902000129.html
東京新聞の記事
>使用済み核燃料の再処理や最終処分のための電力会社の積立金など、
 今後も原発を維持するために必要な費用は、少なくとも十一兆円を超えることが
 本紙の調べで分かった。ほかに規制機関の人件費や原発の保険料など
 毎年四千億円以上が必要になる。現時点で判明している分を積算したもので、
 費用がさらに増えるのは必至。いずれも、電気料金や税金として国民の負担となる。
[#13](swahkg) 2013-03-20 10:23:53
コメント(10行1000文字まで)

画像jpg,png,gifのみ500Kbytesまで