エオタによる、一般人が全く参考にならない映画批評2010
映画を見るたびに思うのは、どうしてこんなにツマンネェ映画ばっかなんだろってこと。
そして、それを喜んで見ている連中の多いこと、多いこと。
こーいう連中が最大公約数の立場だったら、ツマンネェ映画が多いのも当然だよな。

大衆カレー店bの味が「甘い」のは、一番低いヤツにレベルを合わすからなんだよ。
辛いヤツが好きな人でも甘いのは我慢すれば食えるからな。
でも甘党は違う! 食べると苦しいもんじゃ、我慢なんかしないで、ただ食わないだけ。

映画もカレーも甘くなるのは世の常、商売の必定ってことサ。
(emvkpu) 2009-11-22 07:47:40作成 2018-03-11 08:55:24更新 521投票 91有効票 106気になる 163興味無い 6199参照 はてなブックマークはてなブックマークに追加 Twitterでつぶやく

戻る投票順更新順
12. 『ソラニン』についてのコメントGoogleYouTube

原作漫画は既読だが、まぁ、三文ドラマの域を超えないダメ人間によるダメ人間賛歌というのが感想。
正直、映画はシカト予定だったが、忍之閻魔の人が良い良い言ってるから見たが、原作同様のダメっぷり。
つまり非常に漫画に忠実。

原作でも、別の漫画ベックでも、音楽シーンは全てクチパクだけの表現で、ユ-ザー側の想像にまかせている。
それはいい。だが映画で、その一番おいしいシーンを逃げるのはダメなんじゃねぇの?
アジアンカンフージェネレーションのソラニンは悪くない。もう一曲のムスタングも好きだ。
これに映画を託すべきだった。なんで回想いれるかね。けいおん!並に音楽を題材にしてるくせに、音楽をシカトする作風で残念。b
[#1](gisfnw) 2010-05-04 03:52:32
コメント(10行1000文字まで)

画像jpg,png,gifのみ500Kbytesまで

同名の項を持つ箱
◇映画を全然観なくなったエオタによる、枯れた映画批評2011