エオタによる、一般人が全く参考にならない映画批評2010
映画を見るたびに思うのは、どうしてこんなにツマンネェ映画ばっかなんだろってこと。
そして、それを喜んで見ている連中の多いこと、多いこと。
こーいう連中が最大公約数の立場だったら、ツマンネェ映画が多いのも当然だよな。

大衆カレー店bの味が「甘い」のは、一番低いヤツにレベルを合わすからなんだよ。
辛いヤツが好きな人でも甘いのは我慢すれば食えるからな。
でも甘党は違う! 食べると苦しいもんじゃ、我慢なんかしないで、ただ食わないだけ。

映画もカレーも甘くなるのは世の常、商売の必定ってことサ。
(emvkpu) 2009-11-22 07:47:40作成 2018-03-11 08:55:24更新 521投票 91有効票 105気になる 162興味無い 6196参照 はてなブックマークはてなブックマークに追加 Twitterでつぶやく

戻る投票順更新順
12. 『トイストーリー3』についてのコメントGoogleYouTube

映画の流れとしては2と同じで、持ち主に飽きられたオモチャの運命についての考察だ。
オモチャはしょせんはプラスチックのゴミだと断言することは、トイストーリーそのものの否定に繋がる(だが、これがあるから本作は素晴らしい)。
そういう意味では本作の主人公はバズやウッディではなく、いままで背景でしかなかった持ち主であるアンディで、最後に彼にはながーい見せ場が待っている。
永遠の命を持っているオモチャには別れは実はない。時がオモチャに味方する限り、いつかアンディと合えるからだ。
別れが存在するのは人だけなのだ。オモチャとアンディがそれぞれの未来に向かうラストは大きな感動を伴うが、それ以上にオモチャの彼らの無償の愛が
報われるラストに安堵するばかりである。オモチャありがとう。そう心の奥底から言える本作は、間違いなくシリーズ最高傑作だ。
個人的には1や2と比べること自体が、この作品には無価値だと思うんだけどね。b
[#1](rhtudv) 2010-07-20 15:41:13
コメント(10行1000文字まで)

画像jpg,png,gifのみ500Kbytesまで

同名の項を持つ箱
◇泣いた事がある作品