エオタによる、一般人が全く参考にならない映画批評2010
映画を見るたびに思うのは、どうしてこんなにツマンネェ映画ばっかなんだろってこと。
そして、それを喜んで見ている連中の多いこと、多いこと。
こーいう連中が最大公約数の立場だったら、ツマンネェ映画が多いのも当然だよな。

大衆カレー店bの味が「甘い」のは、一番低いヤツにレベルを合わすからなんだよ。
辛いヤツが好きな人でも甘いのは我慢すれば食えるからな。
でも甘党は違う! 食べると苦しいもんじゃ、我慢なんかしないで、ただ食わないだけ。

映画もカレーも甘くなるのは世の常、商売の必定ってことサ。
(emvkpu) 2009-11-22 07:47:40作成 2018-03-11 08:55:24更新 521投票 91有効票 104気になる 160興味無い 6159参照 はてなブックマークはてなブックマークに追加 Twitterでつぶやく

戻る投票順更新順
12. 『ラーゼフォン 多元幻想曲』についてのコメントGoogleYouTube

エヴァに似てると言われて「似てねぇよ!」と反論するのは監督だが、TV版では似てると思った俺でも、劇場版は
確かに似てないと思ったよ。でも、それは似ていた部分をカットしたからこその結果で、面白かった部分はロボ戦闘や
エヴァ系の不思議戦闘シーンであってやっぱ似ていた(過去形)と思う。
(東京ジュピター内のが主人公にとって住み心地の良い点とかサ、現実と空想の狭間の描写が似すぎだろ)

で、総集編的本編だけど、TV版の謎解き作品としては楽しめるけど、ラブストーリーとしては最悪という出来。
前述したけど、この総集編が削除したシーン、もしくは短縮化したシーンこそがラーゼフォンが一番面白かったシーンなの。
Wikiでも主人公よりも一色のキャラ解説のが文章量多いでしょ。サブキャラのが描写は優れていた。
(TVは謎優先のために、主役キャラの直接描写が曖昧だからね)
だから遥と主人公のラブストーリーにするらな、そこんとこは全部新規でやるべきだったよ。つまんね。寝たし。b
[#1](fpflsu) 2009-11-25 09:06:38

[#2](lmogcu) 2009-11-26 15:34:28
コメント(10行1000文字まで)

画像jpg,png,gifのみ500Kbytesまで