エオタによる、一般人が全く参考にならない映画批評2010
映画を見るたびに思うのは、どうしてこんなにツマンネェ映画ばっかなんだろってこと。
そして、それを喜んで見ている連中の多いこと、多いこと。
こーいう連中が最大公約数の立場だったら、ツマンネェ映画が多いのも当然だよな。

大衆カレー店bの味が「甘い」のは、一番低いヤツにレベルを合わすからなんだよ。
辛いヤツが好きな人でも甘いのは我慢すれば食えるからな。
でも甘党は違う! 食べると苦しいもんじゃ、我慢なんかしないで、ただ食わないだけ。

映画もカレーも甘くなるのは世の常、商売の必定ってことサ。
(emvkpu) 2009-11-22 07:47:40作成 2018-03-11 08:55:24更新 521投票 91有効票 101気になる 156興味無い 6118参照 はてなブックマークはてなブックマークに追加 Twitterでつぶやく

戻る投票順更新順
12. 『ファイナルデッドコースター』についてのコメントGoogleYouTube

3D映画を家で見てもクソ面白くもなんともないという、見本のような映画。

3D演出に特化しているために、とにかくタイヤや木の破片や車が観客相手に飛び交ってくる。
センターオブジアースもそうだったけど、あれはVFXの面を楽しむことでまだフツーの見方が出来たが、
ただの実写舞台の映画では3Dで見ないとクソ面白くもなんともない。
こういうと、もはやすでに映画扱いしてない自分が分かるが、このシリーズ自体が知能を1ミリも使わないタイプの
娯楽映画なので、尚更、その考えは助長される。

来年はジャッカス3が3Dで来るけど、こりゃ3D映画は全部劇場で見ないとダメだわ。
というわけでDVDで済ます貧乏人さんは、ご愁傷様まです。b
[#1](nsgzvs) 2010-04-10 17:19:36
コメント(10行1000文字まで)

画像jpg,png,gifのみ500Kbytesまで