自身のオタ知識を確認する箱
別の知識を持ち合わせている人はツッコミを。
(bkepnr) 2009-10-01 12:02:32作成 2009-10-25 22:30:47更新 10投票 3有効票 9気になる 8興味無い 718参照 はてなブックマークはてなブックマークに追加 Twitterでつぶやく

順位有効票数(投票数)
1メイド萌えを作ったのは「殻の中の小鳥」一般に認知されるまで普及させたのが「エマ」1(5)
1ポテトチップスを「ポテチ」と略したのは「きんぎょ注意報!」1(3)
1「萌え」という単語が普及したのはセラムンから1(2)
新しい項目の名前(全角40文字まで)

最初のコメント(10行1000文字まで)

画像jpg,png,gifのみ500Kbytesまで
最近の投票 (10件まで) (新しい票が上に来ます)

オタクはオタク文化を過大評価しすぎるように思います
[#2](tpuipj) 2009-10-25 21:07:35

ではなく、地方では使われる地域もあったしコイケヤ子会社の登録商標でもあるのだが、
全国区で一般的に使われるようになったのは「きんぎょ注意報!」のアニメ放映から。
[#1](xkjiyn) 2009-10-25 18:21:49

唯一じゃなかった。まいいや。
[#2](jekjmh) 2009-10-05 13:02:26

その前から単語が存在したとしてもだ。セラムンで議論できる日本で唯一の場所がNiftyであり、爆発的な広がりをこの目で見たから。
[#1](jekjmh) 2009-10-05 12:47:51

バラエティー番組で、秋葉系メイドカフェ紹介しているとき
取材するアイドル女優もコスしているのだが
何故大抵、カフェミュウミュウの服なのかは気になる。
[#5](ghfcln) 2009-10-01 20:32:40

「萌え」の萌芽についても言及しないとお話にならないと思う
[#4](tsboag) 2009-10-01 13:39:02

洋モノのコスプレに萌えるオタなんぞいなかったよ。
[#3](dvonlp) 2009-10-01 13:34:46

今で言うオタク的なメイド服の源流はエプロンドレスだが、それがコスプレの題材になったのは相当に昔のこと。
しかも日本より海外の方が早い。日本にオタクが誕生する遙か以前から、コスプレの題材として愛好されていた。
たとえばアンミラがそのバリエーションだし、日本でも「女給萌え」とでも言うような文化が大正・昭和初期からあった。

エロ漫画とかでも、遅くとも1980年代後半にはコスプレのひとつとして認知されていたように思うが。
エロゲームでは項作が正しくて、「禁断の血族」(93)「殻の中の小鳥」(96)が走りらしい。が、もともとあった需要に合わせて
エロAVGの勃興と同時に湧いて出てきたような印象があり、両者をもって「メイド萌えを作った」と言うのは難しいかも知れない。
[#2](vynmmt) 2009-10-01 13:32:29

メイドカフェはエマの連載前からあったかもしれない。
ただ、秋葉原がメイドで爆発的に溢れたのはエマの連載がはじまってからだと思う。
メイドカフェには必ずエマが置いてあるし。
[#1](bkepnr) 2009-10-01 12:07:05