後世に残しておきたい出来事
忘れてしまった記憶でも、ここに書いておけば大丈夫!
(onbbst) 2017-12-13 08:50:30作成 2018-08-17 13:12:19更新 91投票 4有効票 55気になる 12興味無い 675参照 はてなブックマークはてなブックマークに追加 Twitterでつぶやく

戻る投票順更新順
4. 『キンコン西野』についてのコメントGoogleYouTube


キンコン西野、「リベンジ成人式」は善意ではなく新サービスの広告だった!?【前編】+11
投稿日時 2018-04-03 06:34:00 (mlwsvb) [0気になる] [12興味無い]
https://www.advertimes.com/20180402/article268522/
>たとえば、僕はこんな仕事をしているので差し入れをいただくんです。生ものの差し入れをいただいた場合、食べきれないことがあって、スタッフにお裾分けするんですけど、スタッフも食べきれない場合、この食べ物は捨てられてしまうんですよ。これ結構辛いんですけど、劇場のゴミ箱に食べ物って結構捨てられてるんですね。それ嫌じゃないですか。でも一般の方からの差し入れを受け入れた以上、そういう未来が来る可能性があるわけです。
>だから僕はデビュー1年目のときから徹底して、「差し入れいりません」と言ってたんです。でも、差し入れは気持ちなんだから受け入れろと、差し入れた側の正義によって、断った人が叩かれてしまう問題があって。これって結構いろいろなところで起こっているんですね。
[#1](biebei) 2018-04-03 09:03:41


キンコン西野、テレビタレントが信用を失っていく理由+21
投稿日時 2018-06-01 07:49:26 (oqxpkg) [0気になる] [13興味無い]
https://logmi.jp/291130
>何が言いたいかというと、いいやつが勝つ時代になってきたんです。これまでだったら、人のために立体的に動いてるやつって、人のためにはけっこうやったけど、情けは人のためならずって本当なの? っていう時代だった。要は、他人のために動いても、返ってくるルートがなかった。でも、もうクラウドファンディングとかオンラインサロンとか、お金が返ってくるルートができたので、いいやつが勝つ、嘘をつかないやつが勝つという、わかりやすい時代になった。
>単純な話、嘘つく人は信用できない。テレビタレントの収入の流れを説明すると、なるほどってなると思うんですが、テレビタレントの給料の出どころは、スポンサーなんです。スポンサーが番組の制作費を払って、その制作費の一部がタレントに流れてくるので、テレビタレントが求めなきゃいけないものは、とにかく好感度なんです。よく聞きますよね、好感度タレントとか、ランキングとか、好感度が高いやつがいい。とにかく好感度を取りにいかないといけないのがタレントの宿命です。そうなると、例えば、グルメ番組でまずい料理が出てきても、テレビタレントは「おいしい!」っていわなきゃいけない。まずいものを食ってもおいしいって嘘をつかなくてはいけない。
>もっとリアルなところで言うと、上戸彩ちゃんもそうです。上戸彩ちゃんもぜんぜん人気なくて、CD出しても売れてない。3枚出して、1万枚も売れてない。つまり、彼女たちにはファンがいない。信用度も、そもそもない。歌は、めっちゃ上手いんです。歌はめっちゃいい。なんでそんなことになったかというと、やっぱり、嘘をついたから。CMで使ってもいない商品を紹介して、「これいいですよ」みたいな嘘をついた。あれはやばいです。ああすると、信用はどんどんどんどん削られていく。結果、手詰まりになっちゃった。
[#2](akosxs) 2018-06-01 09:16:43


キングコング西野亮廣が美術館建設を口実に「3億円募金詐欺未遂」の顛末+26
投稿日時 2018-06-06 22:37:29 (cyylgh) [0気になる] [4興味無い]
https://news-vision.jp/article/188414/
>もちろん、西野氏はある意味で炎上上等、アンチ歓迎の姿勢で名前を売りながら頑張ってきた人物であるだけに、この炎上も仕込みなのかと思っていたのですが、書き込みを見たユーザーが警察庁などに大量に通報。
>この内容だと「3億円の借り入れがないとすれば、すでに判例のある募金詐欺と同等で、刑法詐欺罪に該当するので本当に募金してしまった人が被害を申し立てたら冗談では済まなくなる」(消費者問題に詳しい弁護士)とされ、また、西野氏の所属する吉本興業でも関係者は「寝耳に水。(いま募金用に)公開している(西野氏個人会社名義の)募金口座は止めて、仕切り直しをするしかないのでは」と頭を抱えています。
[#3](vonwss) 2018-06-06 23:04:53

機械的に? 記事が消されてて笑った。
[#4](cncpls) 2018-06-06 23:50:27


キンコン西野、自身の作品を題材とした「プペル音頭」が完成+7
投稿日時 2018-07-26 21:17:18 (cjxmqf) 0気になる 12興味無い
https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201807/0011470173.shtml
>「-プペル」は、ごみが集まって生まれたプペルと少年の友情物語。昨夏にイベントで読み聞かせを見た西脇さんが「少年の父との愛情も描かれ、温かくていい話」と同クラブでのミュージカル化を決意した。脚本や曲などをつくる中で「本番の6月は夏なので盆踊り向けに」と「プペル音頭」も追加で制作。生徒の親の力も借りて完成させた。
>歌詞は「ケムリの上にはホシがある」など物語に沿った内容で、プペルが吐くガスの音「プスーハッハ」も手ぶりで表現する。約3分半の動画では、同クラブの生徒が曲に合わせて踊りを披露。ミュージカルの曲も加えて全4曲のCD(千円)も制作した。
>ミュージカルは6月30日に観客約400人を集め、12月23日にも川西市内で上演予定。西脇さんは「プペルの本に限らず、舞台化で地元ゆかりの話もより親しみやすくできる。今後もいろいろ企画して盛り上げたい」と話す。同クラブTEL072・764・5250
[#5](hsjhoo) 2018-07-26 22:51:42
コメント(10行1000文字まで)

画像jpg,png,gifのみ500Kbytesまで