エオタによる、一般人が全く参考にならない映画批評2010
映画を見るたびに思うのは、どうしてこんなにツマンネェ映画ばっかなんだろってこと。
そして、それを喜んで見ている連中の多いこと、多いこと。
こーいう連中が最大公約数の立場だったら、ツマンネェ映画が多いのも当然だよな。

大衆カレー店bの味が「甘い」のは、一番低いヤツにレベルを合わすからなんだよ。
辛いヤツが好きな人でも甘いのは我慢すれば食えるからな。
でも甘党は違う! 食べると苦しいもんじゃ、我慢なんかしないで、ただ食わないだけ。

映画もカレーも甘くなるのは世の常、商売の必定ってことサ。
(emvkpu) 2009-11-22 07:47:40作成 2018-03-11 08:55:24更新 521投票 91有効票 105気になる 162興味無い 6196参照 はてなブックマークはてなブックマークに追加 Twitterでつぶやく

戻る投票順更新順
12. 『サブウェイ123』についてのコメントGoogleYouTube

信じられないくらいにシンプルなストーリーでびびった。
地下鉄の一車両をジャックして、NY市に1000万ドルを要求する....でも1000万ドルって少なくね?
って思ってたら、最近流行りの価格操作っぽい裏が出てきて、あまりにネタの古さに唖然。
地下鉄内という閉鎖空間を上手く使っての犯罪なんだが、ちっともそう思えないのは警察側のヘマで犯罪が成功に
導かれるからだろう。デンゼル演じる鉄道員と、トラボルタ演じる犯人との心理戦攻防もろくになく、
また警察や市長などのキャラクターが無能に描かれてないので(無能なのに)、余計にデンゼルのいる意味がない印象を受ける。
人質を殺さないオチも大不満。皆殺しにしないから、警察はパニックに追われずに、さっさと犯人をみつけて射殺。。。。。
同じ系統の犯罪劇で「真下正義の交渉人」があったが、こちらのが数倍優れているな。
やっぱり犯罪現場と離れた場所に交渉人に置く場合は、交渉人側にもなんらかの不備を用意しないと、話が犯罪者側有利でトントン
すすむために緊迫感がない。ダメだこりゃ。オリジナルのほうがまだマシという出来だな。b
[#1](dviokh) 2010-04-02 14:24:58
コメント(10行1000文字まで)

画像jpg,png,gifのみ500Kbytesまで