エオタによる、一般人が全く参考にならない映画批評2010
映画を見るたびに思うのは、どうしてこんなにツマンネェ映画ばっかなんだろってこと。
そして、それを喜んで見ている連中の多いこと、多いこと。
こーいう連中が最大公約数の立場だったら、ツマンネェ映画が多いのも当然だよな。

大衆カレー店bの味が「甘い」のは、一番低いヤツにレベルを合わすからなんだよ。
辛いヤツが好きな人でも甘いのは我慢すれば食えるからな。
でも甘党は違う! 食べると苦しいもんじゃ、我慢なんかしないで、ただ食わないだけ。

映画もカレーも甘くなるのは世の常、商売の必定ってことサ。
(emvkpu) 2009-11-22 07:47:40作成 2018-03-11 08:55:24更新 521投票 91有効票 105気になる 162興味無い 6196参照 はてなブックマークはてなブックマークに追加 Twitterでつぶやく

戻る投票順更新順
64. 『どうして面白いゲームなのに売れないのか 売り上げは遊ぶ前に勝負が決まる』についてのコメントGoogleYouTube

http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51429250.html

面白いものが売れるなんて考えるヤツは、世の中の人間が皆、ことの良し悪しを自分で判断し、より良いものを
探し求めているストレンジャーとでも思ってるのかね?
娯楽なんて、ただの暇つぶしなんだよ。リアルに生きている人間が真剣にゲームや映画を見るわきゃねーだろが。
リアルで疲れて、娯楽で疲れてどーすんだっての。
オタク連中が項題みたいなアホなこと考えるのは、連中の娯楽が「現実逃避」の一環で娯楽を超えた存在だからだよ。
だから面白いのに何で売れないの?とか、人生で貴重なものがたかがゲームだってことを声高らかに言う。
恥を知れ。b
[#1](vzudof) 2010-02-02 07:12:03

自虐的だなぁ
[#2](gqvtuc) 2010-02-16 03:58:42
コメント(10行1000文字まで)

画像jpg,png,gifのみ500Kbytesまで